住まいのショッピングストリート HDC

きちんと知って、
理想のリフォームを実現しよう!

リフォームのメリット

そもそも
リフォームって?

リフォーム=“住まいの機能や価値を再生・向上させるための改修”のこと。キッチンやトイレなど設備の入れ替えだけといった小規模なものから、間取りや耐震補強など大規模なものまでと幅広く、家族構成の変化や老朽化、使いにくさの解消など、「もっとこんな風に暮らしたい」という希望を実現できるのが大きなメリットです。人が家に合わせるのではなく、家を人に合わせることで、理想のライフスタイルを叶えることができます。

リフォームの画像

日本住宅の平均寿命

日本の木造住宅の平均寿命は約30年。アメリカの約60年やイギリスの約80年と比べると短いように思えますが、実はこの数字は解体された木造住宅の築年数から算出されたもの。リフォームをすれば、もっと長く住むことができるといわれています。

30年+リフォーム

「いま住んでいる住宅やマンションをリフォームする」場合と、
「これから購入する中古住宅や中古マンションをリフォームする」場合。
どんなメリットがあるのか、それぞれ3つのポイントに絞って見てみましょう。

住んでいる住宅・マンション編

愛着のある住まいに
そのまま暮らせる

「不満な部分はあるけれど、やっぱり住み慣れている方がいい」「この場所を離れたくない」など、愛着のある家をそのまま引き継げます。

愛着のある住まいにそのまま暮らせる

家族にぴったりのスタイルに
変えられる

家族構成や年齢など、理想とする住まいのカタチにも変化が。ライフスタイルや個性に合わせて、今にぴったりの住まいが実現できます。

家族にぴったりのスタイルに変えられる

建て替えに比べて
コストを節約できる

リフォームは住みながら進められるものが多く、仮住まいの必要がないことも。工期も比較的短くなるため、コスト面でも抑えやすくなるといわれています。

建て替えに比べてコストを節約できる

購入する中古住宅・中古マンション編

気に入った物件を
選ぶことができる

希望のエリアで、理想の住まいを見つけるのが難しい時でも、中古物件をリフォームすることで、選択肢が大幅に増える場合があります。

気に入った物件を選ぶことができる

必要な部分だけを
好みのものに変えられる

間取りや内装は気に入ってるけれど、キッチンはちょっと・・・という場合でも、リフォームなら、気に入らない場所だけを部分的に変更できます。

必要な部分だけを好みのものに変えられる

新築よりも節約でき
費用が把握しやすい

同じ条件でも、「新築の購入」と「中古住宅をリフォーム」では、リフォームの方がコスト減に。20〜30%程度安くなる場合もあります。

新築よりも節約でき費用が把握しやすい
納得のリフォームで理想の住まいを叶えましょう!